日本語 | English

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

毛孔に角質が充満して、表皮に盛り上がって、米粒大の丘疹をつくります。若い人に多く見られ、普通、痒みもないので治療は、もっぱら美容的な見地からなされます。アトピーとよく合併します。美容整形外科などで、レーザーを使って治療してもらうのも一つのやり方ですが、それでもうまくいかないときは、ぼくのクリニックではアミロイド沈着の処置と同じように、ジフルプレドナート入りの軟膏を使う密封療法をすすめています。
ただ、軟膏に入れる石の成分を少し変えているMAS(1)という軟膏を使います。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。