日本語 | English

蕁麻疹(じんましん)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 アトピーの患者さんには時々合併します。とくに風呂上りに起こりやすく、「ボコボコとした」あるいは「ちょっと盛り上がった感じ」という表現で膨疹を説明する人が多いのです。
かゆみはけっこう強いのですが、たいてい、1~2時間、あるいはせいぜい翌朝には消えてしまっています。このタイプの蕁麻疹はコリン性蕁麻疹と呼ばれ、皮膚の抹消神経から放出されるアセチルコリンが関与しているとされています。
アセチルコリンが肥満細胞に直接に作用し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどのかゆみを促す物質の放出を促すからだと、一般的には説明されます。

 もっとも、いまだに正確なメカニズムははっきりしないのが現状です。蕁麻疹だとわかってしまえば気が楽になるのですが、わからない場合、アトピーが悪化したのかと急に不安になって来院される方がおられます。
 このコリン性蕁麻疹には塩酸ヒドロキシジン(商品名:アタラックス)などが良く効きますが、毎日、風呂からでると必ず起こるので、何とかならないものだろうかと相談される方がおられます。
これに対する処方は、アトピーに対する処方と同じですが、特に多い目のビタミンB群(通常の3倍)とビタミンC(日に10グラムほど)が有効です。どこにどのように作用しているかよくわかりませんが、これで緩和される人はけっこうおられます。しつこい蕁麻疹には試してください。
 それと、薬物ではアスピリンとペニシリンが蕁麻疹をよく引き起こします。前者の場合は見つけやすいのですが、後者のペニシリンの場合、最近はいろいろな食品に、ごくわずかに含まれていることが多く、ペニシリンによる蕁麻疹だと、なかなか気づけないのです。細菌による感染症を防ぐために、たとえば鮎(アユ)の養殖の餌にもペニシリンを混ぜることがあります。それが、アユの体内に微量に残留します。その残留ペニシリンにアレルギー反応をおこし、蕁麻疹が発症するという図式です。

 このような場合、患者は抗生物質としてペニシリンを摂っているつもりはないのに、見えないところで、ペニシリンを体内に入れているのです。 ですから、過去に抗生物質でアレルギーをおこした人は、こういう点にも注意してください。
 食事に関する詳細な記録をとることです。できれば、調味料、香辛料なども記録すればいいでしょう。蕁麻疹をおこす引き金となる物質がみつかるかもしれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。