日本語 | English

ビオ・オーガニックウォーター

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 この肌水の主成分は、沖縄産の月桃を水抽出したエキスが100%で、化学物質はいっさい含まれていません。
 水に非常にこだわり、逆浸透膜を通しただけの単なる純水ではなく、それにマグネシウム、ブラックシリカなどをつけこんだ水が基本となっています。 詳しくは、「石の力」をお読みください。成分は下記です。

水、BG、グリセリン、1,3-プロパンジオール(植物由来)、月桃葉エキス、尿素。エタノール・フリーであり、防腐剤もいっさい使われておりません。ですから、開封後はできるだけ早くお使いください。

 また、尿素が配合されていますので、ときたま、しみるという人がおられます。その時は、防腐剤などが入っていませんから、使う分だけ、そのつど、水道水でけっこうですから、適当に薄めて使用してください。

 当方の軟膏を塗る前に、ビオ・オーガニック・ウォーターをつけ、軽く肌を湿らせ、その上に軟膏を塗ると、いっそう効果が増し、ステロイド軟膏の使用量が減ってきたと患者さんに喜ばれています。小さなスプレータイプの容器に移し替え、いつも持ち運び、痒みを感じたら、随時スプレーするようにされても良いでしょう。

 どうしてもステロイドが入っている軟膏を使うのが嫌だという患者さんは、その分、サプリメントをしっかり摂り、食事指導をまもり、 このビオ・オーガニック・ウォーターを十分に塗り、MA(0)、KO(0)、WAS(0)、MAS(0)、再発予防軟膏などのステロイドの入っていない軟膏でコントロールされている人もおられます。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。