日本語 | English

水泳は可

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

アトピー患者さんには頭皮のかゆみを訴える人がけっこうおられます。ステロイドの入ったローションでかゆみはおさまりますが、ステロイド使用がいやな人が多いので、どうしたらいいかとよく相談されます。

ステロイドを使っても悪影響はほとんどないのですが、それを説明しても、頑固に拒否する患者さんがおられます。

そういう場合、「うりずん」や純石けんで洗髪したあと、1%~2%のホウ酸のリンスを使われるといいでしょう(もとより、こういうリンスは売られていませんが、ホウ酸は薬局で簡単に入手できますから、薬剤師と相談して、どのくらいの割合でつくれば良いかたずねてください)。

しかし、それは頭皮にあきらかに湿疹ができているときで、それをできにくくする作用があるだけで、かゆみそのものを取る力はあまりありません。

また、ユーカリエキスが入ったシャンプーが効くこともたまにあります。

そこで、2週間ほど抗生物質を服用してもらうことがあります。よほどステロイドに対する嫌悪が一般化しているらしく、頭皮にステロイド外用剤を塗るより、抗生物質を内服するほうを患者さんは選ばれるのです。

けっこう効くことがあります。しかし、ニキビのところで述べたように、抗生物質を長期間にわたり使うことは、非常に好ましくありません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。