日本語 | English

親がアレルゲン

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

診察室に若い男性患者さんと、付き添いだと思われる女生が、2人一緒に入ってきました。男性はカルテをみると25才です。男性は診察用の回転椅子に座ったものの、女性は立ったままです。

そばに付き添い用の椅子も用意されていますので、ぼくは、その女性にも座るように促しました。しかしその女性は立ったままで、ほとんど目に涙を浮かべんばかりに「この子のアトピーは…」と、堰を切ったように訴え始めました。そこで、その女性は母親だとぼくは理解できたのです。

緊迫した雰囲気を和らげようと、ぼくは母親に向かって「えっ、あなたお母さんなの?お若いから、てっきり、嫁さんか、お姉さんだと思っていました」と半ば 冗談加減にいうと、彼女はちょっと恥ずかしいそうに、「はい、母親でございます」と答えると、すぐに息子のアトピー症状についてえんえんとしゃべり始めました。

そのあいだ、男性患者さんは、うつむき加減に黙って座っているばかりです。
顔に出ているアトピーの症状以外は、筋骨たくましい堂々とした体格の男性です。

しかし知能に障害があるのかと思い、お仕事は何をなさっているのですかときくと、会社員でしたが今は失業中ですという答です。
受け答えからみると、知能に障害はなさそうです。すると、母親は間髪を入れずに、こんなひどい状態でも残業をやらせる会社など、わたしが止めさせましたわといい、またひとしきり訴えをいい始めました。

そして、「はじめちゃん、立って、先生のほうにアトピーを見せなさい」と命令し、「先生みて下さい、ほら、こんなに」といいながら、息子の上着を脱がしにかかりました。
ぼくはまたカルテのほうに目を落とし、25才であることを再確認し、「やれやれ、こりゃ、母親がアレルゲンだわ」と思うのでした。

こういう光景は滅多にないどころか、週に一度は遭遇します。
お母さんいい加減にしておきなさい、あんたが元凶だよとこちらとしてはいいたいほどです。典型的な過保護ママです。しかも、この人、だんなに愛されていないのだなぁーと、余計なことまで考えてしまいます。

もっとも、これと同じような、16才の娘が診察のために上半身を裸になるにも付き添う変態パパも、ときどきいますが。
過保護もここまできたら病的です。こんな熱烈ママや変態パパと一緒に生活していたら、誰だって、どこかおかしくなりますよ。

そして、こういう親にかぎって、ステロイド軟膏を悪魔の薬のように毛嫌いするのです。
昔は子だくさんだったので、一人の子供に時間をかけることができず、頭にシラクモ、陰部にタムシの鼻たれ小僧が、あかぎれのした手にベッタやビー玉をもって、木枯らしの中をものともせず駆けずり回っていたものでした。
そして、みんなアトピーのアも知らず、いつのまにか、シラクモもタムシもよくなって、丈夫に育っていきました。これはまさに衛生仮説の正しさの証明なのです。

お母さん、お父さん、アトピーではお子さんは絶対に死にはしません。白内障や網膜剥離だけには気をつけてあげて、あとはある程度つきはなし、放っておきましょう!それが治療になるのです。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。