日本語 | English

重要なサプリメント(14/26)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 

14.コラーゲン:500mg~1000mg /日

"皮膚はコラーゲンで出来ている"といっていいほど多くの部分(真皮の繊維成分の約70%)が、コラーゲンからつくられています。紫外線や活性酸素などのストレスによって ダメージを受けたコラーゲン繊維は、新陳代謝によって どんどん新しいコラーゲンにつくり変えられます。
 しかし、詳しいメカニズムは不明な点が多いのですが、アトピー患者さんの皮膚ではどうしてもこのコラーゲンの生成が十分に行なわれていません。コラーゲンが不足すると、肌の保水性が悪くなり、かさかさと乾燥肌になります。そして、特に MMP1遺伝子に変異のある場合、不必要にコラーゲンが分解されてしまいます。アトピー患者さんのうち少なくとも1割にはこの遺伝子に変異があるようです。
 コラーゲンのサプリメントを摂っても、吸収されないから、まったく意味がないというような意見をよくききます。それは、コラーゲンの分子が大きいので、腸から吸収されるには、いったんアミノ酸までに分解され、その時点ではコラーゲンでなくなっているということです。しかし、コラーゲンを構成するヒドロオキシプリンというアミノ酸は、普通の食物には含まれていません。

 したがって、ヒドロオキシプリンを含んでいるコラーゲンのサプリメントを摂ることは、やはり理にかなっているのです。また、実際に患者さんに摂ってもらうと、乾燥が和らぐ人がかなりいます。特に、秋から冬にかけて、特に皮膚が乾燥しやすい時期には、コラーゲンのサプリメントを足されたらいいでしょう。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。