日本語 | English

メタボ対策サプリメントセット

検診でメタボと断定されると、昇進にまで影響する最近です。困った風潮ですが、こちらも現実的に対応していきましょう。


メタボリックシンドローム」も、お読みください。

薬が売れて、売れて、製薬会社が最も喜ぶ死の四重奏:肥満、糖尿、高血圧、高脂血症。検診でコレステロールが高く、昇進に影響すると悩むビジネスマンには必須のサプリメントです。 しかし、コレステロールが高くても、基本的には、心配しなくてけっこうです。ただ、コレステロールが酸化しないように気をつければいいことなのです。

月桃

1.月桃(JIPANG Ginger®)
このサプリメントの効能は、「ドクター牧瀬のサプリメントクリニック」のトップページの上のサイト内検索のボックスに「月桃」と入れていただければ、多くの個所に説明が出てきます。牧瀬クリニックの基本処方で、ほとんどのサプリメントの組みあわせに、月桃は入っています。こと、コレステロールに関しては、月桃は、善玉コレステロールHDLを増やす働きがあります。次に述べる、LPSは悪玉コレステロールLDLを減らす作用がありますから、月桃とLPSの組み合わせは、コレステロール対策に非常に効果的なのです。

LPS

2.LPS
これは、リポポリサッカライド(Lipopolysaccharide)の略で、グラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分です。ここで、サプリメントとして使うのは、小麦に共生するグラム陰性細菌であるパントエア・アグロメランスを発酵培養し、発酵培養液から糖脂質を熱水抽出し、その後菌体成分、残渣を除去・精製してつくられた植物発酵糖脂質素材です。この物質はマクロファージを活性化します。
 マクロファージは白血球の一種である単球から分化されてできてきます。脊椎動物、無脊椎動物、ほとんどすべての動物に存在する、原初的な免疫担当細胞です。細菌、ウイルス、死んだ細胞等の異物を取り込みます。
 ヒトなど高等生物の免疫システムには2種類あります。一つは自然免疫で、もう一つは獲得免疫です。マクロファージは自然免疫において主役的役割をはたします。マクロファージは、異物を取り込み、酵素によって分解処理を行います。取り込まれる異物は病原体だけにとどまらず、AGEs(最終糖化産物:糖尿病のときに多量に発生します)、変異したタンパク質、異常な細胞(癌細胞など)、PM2.5(微小粒子状物質)など無機物、アルツハイマー病のβアミロイド、そして酸化された悪玉コレステロールLDLも、貪食するのです。
 また、マクロファージは抗原を摂取すると、各種のサイトカインを放出し、特定のT細胞を活性化させます。専門的に言えば、Toll-like-receptorに結合したLPSがNF-kBを活性化し、種々の転写因子を誘導し、Th1型の免疫反応を進行させるということです。
 この大切なマクロファージを、LPSは活性化する作用をもっているのです。キノコ類や酵母含まれるβグルカン、あるいは乳酸菌に含まれるペプチドグリカンなども、マクロファージを刺激してその働きを強化する作用を持っていますが、LPSの場合、βグルカンやペプチドグリカンよりも、1000から1万分の1と言うごく少量で、マクロファージを活性化させる効果を持っているのです。

グリシン酸マグネシウム

3.グリシン酸マグネシウム
マグネシウムのサプリメントには、クエン酸マグネシウム、グリシン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、トレオン酸マグネシウム、アスコルビン酸マグネシウム、アスパラギン酸マグネシウム、などいろいろあります。その中でも、グリシン酸マグネシウムは、胃腸に優しいため、私たちのクリニックではこのタイプのマグネシウムを昔から使っています。マグネシウムには悪玉コレステロールLDLと中性脂肪を減らす役割が認められています。また、このミネラルは、医者がよく処方するアダラート、ヘルベッサーといったカルシウム拮抗剤と似たような作用をもっており、血圧を下げてくれます。しかも、副作用なしにです。

 日本人の高血圧の場合、6割が食塩に対して非感受性なのですが、もし感受性がある場合、マグネシウムのサプリメントとともに食塩制限の食事を実行すると(現実にはなかなか難しいのですが)、効果は倍増します。最低、2~3ヶ月続けてください。

 またマグネシウムは骨粗鬆症にも非常に大切です。
もし、急に便が柔らかくなり、下痢をおこれば、それは、マグネシウムのせいによることが多いので、マグネシウムの摂取量を減らしてください。
それと、甲状腺機能低下のため、チラージンを摂られているときは、マグネシウムの摂取は慎重に行ってください。マグネシウムはチラージンの作用を弱めることがあるからです
 このミネラルに直接依存する人体の酵素は、現在わかっているものだけで325種類もあります。亜鉛に依存する酵素が約200、銅が20そこそこ、セレンが10と比べて、抜群に多いのです。

 それがゆえに、間接的にマグネシウムが関与する代謝も含めると、数千の化学反応に及ぶと推測されます。 つまり、このミネラルが十分に存在しないと、生理機能は麻痺するということなのです。
 不飽和脂肪酸の代謝にもマグネシウムは深くかかわっています。 オメガ3、オメガ6不飽和脂肪酸がエイコサノイドに代謝されるときに作用するdesaturase(脱飽和酵素)がきっちりと働くには、マグネシウムが、ビタミンB3、ビタミンB6、ビタミンC、 亜鉛とともに不可欠なのです。つまり、マグネシウムが不足していると、いくらフラックスシードオイルや魚油をとっても役に立てずに終わってしまいます。
 また、マグネシウムには有害物質の解毒作用があります。重金属と結合して、体外にはやく排泄させる働きがあるのです。
 うつのため、セロトニン再吸収阻害薬を服用している人もいます。このタイプの抗うつ剤にはフッ素が入っており、そのフッ素がマグネシウムと結びつき、 マグネシウム本来の働きを奪ってしまいます。
 また、タバコのニコチン、大量のアルコール(適度な量は問題ありません)はマグネシウムを消耗させます。
 それに、現代のあまりにも精製されすぎた食物には、昔とくらべて、マグネシウムが著しく欠如しています。しかも、ヒトはマグネシウムを蓄えるメカニズムを持ち合わせていません。 さらに、最近の高脂肪の食餌はマグネシウムの吸収を妨げ、高タンパク質の食餌はマグネシウムを体外にはやく排泄させてしまいます。 つまり、非常に多くの人たちが、潜在的にマグネシウム不足なのです。
 マグネシウムを急に大量にとると下痢をおこすことがあります(それを利用して、下剤にはマグネシウムがよく使われています)。
 マグネシウムを摂るにあたり、一つ注意しなければいけないことは、"Gastrointestinal Hurry" という問題です。これはイギリス英語で、日本語の翻訳はありません。 胃腸が急いでいる状態、 つまり、食物を食べてから、それが消化されて排出されるまでの時間が短くなることを意味します。 さきほど書きましたように、マグネシウムは下剤に応用されるほどですから、一般的に、食物の通過時間を短くします。 普通は、食物は口から摂取されて、10時間~12時間後に、肛門から排泄されます。 しかし、これがマグネシウムのために短くなり、下痢はしないのですが、6時間~8時間と、食物の消化菅通過時間が短くなります。 すると、せっかく摂った、ビタミン・ミネラルが、十分に吸収されずに、排泄されることがおこるのです。 マグネシウムを摂取したために、マグネシウム不足になるというパラドックスが生じることがあるのです。必ずおこるというのではありませんが、人によってはそういうことがありえます。
 これは、マグネシウムをサプリメントから補うときに注意しなければいけないことです。 したがって、下痢や軟便はしないが、お通じの間隔が短くなったと気づいた場合は、マグネシウムの量を少し減らし、調整したほうが無難かもしれません。
 就寝前30分に摂ると、眠りを深くしてくれる作用があります。
 血清マグネシウムは普通の健診では調べません。 しかし、ALP(アルカリホスファターゼ)はよく調べます。そこで、もしALPの値がかなり低ければ、マグネシウムや亜鉛の不足を疑ってください。 ALPの活性部位にはマグネシウムと亜鉛が存在しますから。
ALPに関しては「隠れ甲状腺機能低下」のページも参考にして下さい。甲状腺機能が低下すると、コレステロールの値が上昇します。
もし、甲状腺機能低下のため、チラージンを摂られているときは、マグネシウムの摂取は慎重に行ってください。マグネシウムはチラージンの作用を弱めることがあるからです。

セレン

4.セレン
コレステロールそのものは、何も悪さをしません。それどころか、私のウエブページの多くの場所で強調しているように、必要なのです。それが酸化されると、悪さをしだします。セレンはコレステロールの酸化を防いでくれます。このセットの中に入れてある量のセレンを摂って、過剰症がおこることは、まずありえませんが、万が一、爪の変形、脱毛、頭痛、めまい、吐き気、不眠、ニンニクに似た体臭、ふけの異常増加、口の中に異常な(特に金属のような)味が残るというようなことがおこることがあれば、それはセレン過剰の兆候ですから、サプリメントをとるのはしばらくひかえたほうが賢明です。

オメガ・プラス・レボルーション

5.オメガ・プラス・レボルーション®
フラックスシードオイルを主体としたサプリメントで、そこに多く含まれている、オメガ3系不飽和脂肪酸のα-リノレン酸は、コレステロールを減らす作用が認められています。しかし、α-リノレン酸は温かく、酸素の多い血液中に入るとやがて、酸化されるのは必然です。その速度をできるだけ遅くするために、オメガ9系統のオレイン酸を多く含むツバキオ種子イルを足したものが、オメガ・プラス・レボルーション®です。

 酸化されていないオメガ3系の不飽和脂肪酸は、動脈の弾性を維持するには必須です。これ自体に降圧作用があります。また、良性エイコサノイド産生を促し、悪性エイコサノイド産生を抑制しますから、それによっても、血圧を下げてくれます。それに、オメガ3は、血液中の一酸化窒素の濃度を増やすことによって、動脈を弛緩させ血圧を下げてくれる作用もあります。こういった複数の作用機序によって10~15%ほどの降圧効果があります。したがって、境界領域の高血圧の人には最適です。メタボリックシンドロームや心・血管系の病気の予防と治療には基本的に必要なサプリメントなのです。

 スーパーにあふれているインスタント食品や加工食品には、大量の脂肪、しかも体に良くない脂肪が隠れています。 一見すると油ぎっておらず、食べても、べとべと感がないので、気づかないのですが、うまみを出すためにひっそりと油が使われているのです。 また、つきあいで外食の多いサラリーマンは、どうしても、良くない油がたくさん使われている食事をせざるを得ません。そのカウンターパンチ的にも、良い油が必要で、それがオメガ・プラス・リボルーション®なのです。
 アトピー性皮膚炎の患者さんに処方しているフラックスシードオイル・プラスとまったく同じものです。ですから、「オメガ3をとろう!」のページもお読みください。詳しく説明されています。

アシタバカルコン・ジャポニカ

6.アシタバカルコン・ジャポニカ®
 これは、私たちがつくったサプリメントの商品名で、1カプセル中に、アシタバ・カルコンが100mg、アシタバの葉の粉末が120mg、フコキサンチンが25mg、サクラの花エキスが25mg含まれています。詳しくは「スリム・ジャパンの挑戦」をお読みになるとわかりますが、肥満と終末糖化産物(AGEs)に対して、たいへん効果的な働きをします。

 まず、アシタバに含まれている数種類のカルコンと呼ばれる一種のポリフェノール成分が、アディポネクチンを非常に増やしてくれます。このアディポネクチンは一種の善玉ホルモンで、コレステロールの代謝においては、善玉コレステロールHDLを増やしてくれます。そのメカニズムはまだ、正確にはわかっていませんが、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR α)を刺激するか、HDLの増加につながるリポタンパク質リパーゼを活性化するためではないかと推測されています。それと、アディポネクチンは内臓脂肪を減らしてくれます。  次に、褐藻からごくわずかにとれるフコキサンチンという一種のカルテノイドです。これは白色脂肪細胞で脂肪を燃焼させるメカニズムを発現してくれます。褐色脂肪細胞のミトコンドリア内膜にUCP1(Mitochondrial uncoupling protein 1 :脱共役タンパク1)とよばれるタンパク質が特異的に発現し、余分な脂肪を燃焼させますが、これは褐色脂肪細胞でのことで、普通、白色脂肪細胞はこのメカニズムは有しておりません。しかも、成人においては、白色脂肪細胞が、褐色脂肪細胞と比べて圧倒的に多く、したがって、なかなか痩せにくいのです。ところが、フコキサンチンは、その数多い白色脂肪細胞に脂肪燃焼作用をもたらすのですから、画期的な作用なのです。これは、日本人の発見です。
 サクラの花エキスは糖尿病や前・糖尿病の段階で大量に発生するAGEsの生成を阻止してくれます。このAGEsは糖がタンパク質に結合した物質の総称で、現在、100種類以上のAGEsが知られています。いわば、「糖化」された変性タンパク質であり、当然、本来のタンパク質としてのまともな機能をはたしません。AGEsはミトコンドリアの働きを阻害し、そこでの酸化ストレスも増加させ、徐々に正常な細胞も破壊していきます。その影響は動脈、骨、皮膚、目、そして脳にまで及び、また癌の転移もおこしやすくします。このドミノ倒しにおこる「糖化」を、サクラの花エキスが含有している二つの配糖体、カフェオイルグルコースとケルセチングルコシドが抑制するのです。
 つまり、アシタバカルコン・ジャポニカはメタボ対策には必須なのです。

ビタミンK2

7.ビタミンK2
ビタミンKは、K1~K5と5種類あります。
ビタミンK1(フィロキノン)は光合成に関与するために、植物の緑の葉に多く含まれています。ビタミンKを補うために緑黄色野菜野菜をしっかりと食べましょうというのは、このためです。

 K2は、さらに11種類に分類されますが、総称してメナキノン(menaquinone; MK)と呼びます。MK-4~MK-14と略記され、そのうちMK-4(メナテトレノン)とMK-7が重要です。ヒトの動脈壁、膵臓、精巣などで、ビタミンK1からMK-4に変換されます。また、大腸に棲息する腸内細菌によっても、K1からMK-4に変換されます。

 ビタミンKの基本的働きは、γ-グルタミルカルボキシラーゼという酵素が働くための補因子としての役目です。この酵素は、活性を有していないビタミンK依存性蛋白内のグルタミン酸残基(Glu)を、活性のあるγ-カルボキシグルタミン酸(Gla)へ転換します。その際、ビタミンKはγ-グルタミルカルボキシラーゼの補酵素として働きます。

 γ-カルボキシグルタミン酸は血液凝固と関連した蛋白や、骨、腎、肺、精子、動脈壁などにも広く分布しています。
骨に関係するのはオステオカルシンでカルシウムイオンの恒常性を保つ働きや、膵臓のβ細胞に働いてインスリン分泌を促す作用もあります。また、アディポネクチンの分泌も促進します。動脈壁では、カルシウム沈着による動脈硬化発症を防いでくれます。また、悪玉コレステロールLDLを減らしてくれます。
(しかし、ワーワリンなどを服用している人は、このビタミンは摂らないでください)

ドクターズ・メガ・グリーンジュース

8.ドクターズ・メガ・グリーンジュース®
 私のクリニックがインスタントコーヒーのように水にすぐに溶ける顆粒タイプのインスタント野菜ジュースをつくりました。成分は、アシタバ、月桃、桑の葉、抹茶、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、ナンキン、チンゲンサイ、パセリ、ニンジン、セロリ、ニガウリ、ホウレンソウ、モロヘイヤ、ヨモギ、トマト。それに、アガベイヌリンとステビアを加え、少し甘みをだしました。ミルクにも溶け、非常に美味しいという評判です。
月桃、アシタバについては、すでに述べていますので省略しますので、ここでは、桑の葉もコレステロールと中性脂肪を減らすことを書いておきます。

注意:

  • ドクターズ・メガ・グリーンジュースにはヨモギが含まれていますから、妊娠中や授乳中の女性は摂らない方が無難です。
  • 葉緑素も含まれています。それが分解してできるフェオホルバイドという物質は、光線過敏症をおこすことがあります。したがって、極度の光線過敏症のある人は、飲まないでください。
  • 腎臓に問題がある人は、野菜ジュースでカリウムを補うことの是非については、専門家と相談してください。また、ワーワリンなどを服用している人は、一般的に野菜ジュースは飲まないでください。
  • ケールが解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン(商品名;ノーシンなど)やオキサゼパムなどの抗不安薬の血中濃度を下げることがありますから、注意してください。
  • コレステロールの高い人は、血圧が高く、降圧剤を服用していることが多いものです。
     カリウム保持性利尿薬、ACE阻害薬、ARB阻害薬、ロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジドなどの降圧剤を服用している人は、ドクターズ・メガ・グリーンジュースと一緒に摂るときは、血清カリウムの値が上昇することがありますから、慎重に摂ってください。

    しかし、カルシウム拮抗剤(商品名:アムロジン、ノルバスク、アダラートなど)やラッシクスなどの降圧利尿剤とは、一緒にお摂りになってもかまいません。特に、カルシウム拮抗剤とは相性が良いようです。

E-Set

E.メタボ対策セット(E-1セット)

メタボ対策サプリメント

価格:17,250円(税込)30日分

E-Set

E.メタボ対策セット(E-2セット)

メタボ対策 ドクターズサプリメント

価格:14,790円(税込)30日分

セットについて

ワンクリック・ドクターズサプリメント

セット内容の詳細

  • 各セットに含まれるサプリメントについての解説シート(A4サイズ1枚)
  • セット内容に含まれる各サプリメントは、アルミパック(ジップロック式)に30日分が入っています。
  • シンビオティックウォーター®タレジュのオイル®泡なしオイル石けん®はボトルとなります。
  • 顆粒タイプのサプリメントは、1回分ずつが30袋入っております。
  • 手さげジップロック
  • サプリメントは、お薬ではなく、栄養補助、栄養機能性食品です。摂取時、取り方は薬品と違い、基本的にはご自身のライフスタイルあわせていただいて結構です。就寝前に摂取され、起床後に胃腸が重く感じる方は、就寝前を避けて食後に摂取するなど自分にあった摂取方法を工夫していただけます。

One Click Supplement

ワンクリックサプリメント一覧

更年期サプリメントセット

のぼせ、顔面紅潮、発汗、突然の動悸、不眠、うつ、イライラ、頭痛、性交痛、腰痛、肩こり、etc.本格的にホルモン補充療法を受けるほどではない。しかし、つらい!!

花粉症対策サプリメントセット

鼻むずむず、目しかしか。いやな季節がきましたね。しかし、備えあれば憂いなし。マスクやティシュ―にさようならができるように、花粉の時期が始まる前からから摂り始めてください。

喘息予防サプリメントセット

発作の起こる前の予防が大切です。

メタボ対策サプリメントセット

検診でメタボと断定されると、昇進にまで影響する最近です。困った風潮ですが、こちらも現実的に対応していきましょう。

軽度高血圧対策サプリメントセット

塩分をひかえろ?冗談でしょう、ドクター!?塩っけの無い料理なんぞまずくて食えるか!と怒るお父さん。ちょっと血圧が高めだが、「お酢」や「ゴマペプチド」では物足らない自然派志向のお母さん。降圧剤を飲むと、てきめんに精力が弱くなったと感じる人たちにも、ぴったりのサプリメントです。150~140mmHg/100~90mmHgで、降圧剤をのむべきか、のまぬべきか迷っている人にも良いでしょう。

肩こり対策サプリメントセット

筋肉をほぐし、血流を良くするには、必須のサプリメントです。長時間のデスクワークによる肩こりにはもってこいです。

甲状腺対策サプリメントセット

かなりの疲労感、うつ的気分、便秘気味、冷え症、コレステロール値が高い、脈が遅い、集中力が足りない、ずんぐりと太り気味、顔もどこか全体的に浮腫気味、 毛髪がごわごわしている、白髪が増えた、精力減退(男性)、生理不順(女性)などの症状が重なっている。ひょっとすると、甲状腺機能が弱っているのではないかと検査しても、いつも正常範囲。あるいは、少し下まわるくらいだから、治療の必要なしと言われる。何とかならないものか?「隠れ甲状腺機能低下症」のところもお読みください。これは、甲状腺機能低下気味のためのサプリメントですから、甲状腺機能亢進の人はお摂りにならないでください。

物忘れ・認知症予防サプリメントセット

人の名前がでてこない、あれ、それ、あの、といった代名詞が多くなった。早いうちに予防を。

免疫強化サプリメントセット

風邪をひきやすい。口唇ヘルペスができやすい。インフルエンザが流行している。海外出張のため、世界中のウイルスが満載された国際線の飛行機に乗らなければいけない。糖尿病の持病があり、免疫が弱い。尿路感染を繰り返す。癌家系なので、免疫を高めたい。

ばくぜんとした疲労対策サプリメントセット

理由がわからない疲労には解毒が必要です。免疫強化セットと一緒に摂るともっと効果的です。

長時間勤務や対人関係からくる疲労対策サプリメントセット

企業戦士であり続けるためのサプリメント。

不眠対策セット

常時仕事が頭から離れない、頭の興奮状態による不眠サプリメントセット

婚活・妊活サポートセット

女性のパワーは「卵巣力」と「神経力」にかかっています。婚活・妊活にはその二つが充実していなければいけません。また、実力派のキャリアウーマンにも適したセットです。

精力回復セット(男性用)

バイアグラのような即効性はありませんが、じっくりと体のなかから持続する精力を養いましょう。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。