日本語 | English

なぜ、瀉血療法は日本の病院では行われないのか?

 

昔は鍼灸師や整体師が、伝統的な治療として行っていましたが、法律で禁止されてしまいました。医師しか行ってはならないようになったのです。
しかし日本では、ほんの一部の医師以外は、はなから瀉血の効用を知りません。
現代の西洋医学一辺倒の医師たちは、副作用の多い薬品でしか治療しなくなったのです。

ですから、瀉血療法はあたかもエアポケットに落ち込んでしまった状態なのです。最近、やっと肝炎にのみ、行われるようになってきました。
しかし、それでも、まだ多くの医者は、肝炎が肝硬変に移行し、さらに肝臓癌へと悪化するのを防ぐ一つの治療として、瀉血がきわだった効果をもつことさえ知りません。

以上の瀉血は熟練した者が行うものであり、絶対にご自分で行わないでください。勝手にご自分で 行われた場合、その結果については、ドクター牧瀬はいっさい責任をとれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。