日本語 | English

瀉血+ビタミン・ミネラルの効用(前立腺肥大症)

 

前立腺肥大症

  その手術、ちょっと待った!

手術は最後の最後の手段です。前立腺肥大でこれから手術を受けようとしている人、術後のインポテンスと尿失禁の危険性について説明は受けたでしょうか?

各々の手術によるインポテンスの発生率
経尿道的前立腺切除術(TURP)13.6%
経尿道的前立腺切開術(TUIP)11.7%
開腹前立腺摘出術16~32%

一般的な手術はこの三つです。おわかりのように、最低10人に1人、運が悪ければ3人に1人が、術後、インポテンスになるのです。経尿道的前立腺切除術は、入院日数も短くてすむ標準的手術で、日本で最も盛んに行われています。しかし、術後、「尿もれ」つまり尿失禁をおこすことがしばしばあるのです。程度にもよりますが、最悪の場合は、生涯オシメが必要となります。

私はそういう手術は否定しません。しかし、そういう手術を受ける前に、まず瀉血療法を受けてください。そして、少しでも弊害の多い手術を避け、あるいは先に延ばし(5年~10年先送りすることが本当に可能なのです)、それでManhood-男らしさ-を可能なかぎり維持していただきたいのです。手術は最後の最後の手段として、とっておいて下さい。

前立腺肥大症と次のED(勃起障害)の瀉血は、普通の瀉血とは違っています。鍼灸に使う非常に細い針を、わずか0.1mmほどの深さに亀頭に数箇所に刺し、そこから「汚れた血」を絞りだすのです。

針は一瞬の内に抜かれますので、痛さはほとんど感じません。軽く何かにひっかかれたかなというほどです。陰茎海綿体にたまっていたドロドロとした汚い血を排泄するこれ以上、効果的な方法はありえません。

簡明直截にして極めて単純明快なのです。極細の針ですから傷は残らず、4~5時間後にはセックスをしても問題はありません。前立腺摘出手術からおこる尿失禁やインポテンスなどの後遺症は、この瀉血方法では絶対にありえません。非常に安全なのです。

そして、ノコギリヤシ・エキスや亜鉛のサプリメントによって、排尿や勃起力に何の支障もきたさず、前立腺肥大からくる、頻尿、夜間尿、尿意切迫感、尿意亢進、残尿感、排尿困難など、さまざまな不快な症状を取り除いてくれます。プサンの韓方専門病院で行われる、この特殊な瀉血療法を私は絶対の自信をもって勧めます。

以上の瀉血は熟練した者が行うものであり、絶対にご自分で行わないでください。勝手にご自分で 行われた場合、その結果については、ドクター牧瀬はいっさい責任をとれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。