日本語 | English

「Ⅰ」脱・病院化社会へ

 

ここに述べることは、あくまで一般的な参考としての情報であり、読者が医学知識を増やすための自習の助けになるものであり、それを越えるものではありません。
また、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに書かれてあるサプリメントを摂ったり、治療法を行い、症状が悪化しても、いっさい責任はとれません。 インターネットにより、Dr.牧瀬のアドバイスを受けられたい方は、こちら


 質問します。AとB、どちらが進歩した医療でしょうか?

A:白亜の病院に入院し、MRIやPETなど、コンピューターを駆使した巨大な診断機器で診断され、がんにおかされた部分をレーザーで切除し、それで、あなたのがんが消える。術後は再発予防のために分子標的抗がん剤を服用するよう指導される。

B:自宅に施術者がやってきて、あなたの前に座り、あなたの手相や顔相を見て、あとは柏手(かしわで)を4、5回、ぽんぽんと打ち、呪文を5分唱えるだけ。それで、あなたのがんが消える。再発予防のために、ある種のハーブティーを毎日飲むように指導される。

皆さん、Aと間違ってはいけないのです。
医療のユートピアとはBなのです。病院がないことこそ、私たちが目指すべき、より良き世界なのです。

牧瀬クリニックでは、掲載の症状に対するインターネット診療及びサプリメント処方を有料で実施しております。詳しくは、こちらをご覧ください。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。