日本語 | English

高血圧(こうけつあつ) その2

 

ここに述べることは、あくまで一般的な参考としての情報であり、読者が医学知識を増やすための自習の助けになるものであり、それを越えるものではありません。
また、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに書かれてあるサプリメントを摂ったり、治療法を行い、症状が悪化しても、いっさい責任はとれません。 インターネットにより、Dr.牧瀬のアドバイスを受けられたい方は、こちら



ストレス

 体にいいわけはありませんが、ストレスのない生活など、よほど恵まれた人たち以外は、まずありえません。それにまったくストレスのない生活は脳の働きを鈍くして、かえってよくありません。人間にはある程度のストレスは必要なのです。ストレスが限りなく「0」に近い状態に人間の脳が置かれると、脳は自ら刺激を求めて、人体の各所にがんをつくりだすという学説さえあるくらいです。
 と、いっても、現代の生活は過剰なストレスに満ち満ちています。そして当然、過剰なストレス、特に精神的ストレスは血圧に決定的によくありません。しかし、わかっていても、現実の生活から逃避して、タヒチかモーリシャスの浜辺でごろんと一ヵ月あまり寝そべっていることはできません。しかし、医師から処方される精神安定剤は、普通の健康オタクにはちょっと効き目がきつ過ぎるようです。

 そこで、どうしてもストレスに対処できそうにない患者さんたちは、特にビタミンB群、ビタミンB12(ビタミンB群のサプリメントの中に当然ビタミンB12も含まれていますが、さらにビタミンB12も単独で補うことをすすめます)のかなりの大量服用をすすめています。非常に効果があります。ゆめゆめ副作用の多い精神安定剤などは使わないことです。


肩こり

ロキソニンパップあるいはロキソニンテープ:これは消炎鎮痛薬のロキソプロフェン(ロキソニン)を皮膚から吸収させるための湿布です。高血圧の人はひどい肩こりに悩まされていることが多いものです。また、肩こり自体が高血圧をもたらすこと があります。毎日、肩をマッサージしてもらえる幸運な人はそんなに多くはいないでしょうから、こういうハップやテープで肩こりを和らげるのも、実際的です。


飲酒

 ほどほどにというのが、当たり障りのない答えですが、では具体的にほどほどとはいったいどのくらいなのかと、しつこく食い下がる患者さんのために(こういう患者さんは飲みたくて仕方がないのです!)、きっちりと数字を示しておきましょう。
一週間でエタノール200ミリリットル以内。例えば、ビール大ビン633ミリリットルには、その5%、つまり約30ミリリットルのエタノールが含まれています。したがって、200ミリリットル÷30ミリリットル=7。
つまり、一日、ビール大ビン一本ということです。少し厳しすぎるかな!?


運動

 これも適度な運動という表現で曖昧にごまかすのが多くの医者ですが、常に偏執狂的なまでに厳密な量を追求してやま ない健康オタクとジャンキーのために、書いておきましょう。時速6~7キロメータ(速歩きの速度)、週に3回、45分間で す。しかし、それがきついと感じられるのであれば、速歩きでなくてけっこうです。普通の速度で十分です。
 ふくらはぎは第二の心臓ともよばれています。脚を鍛えることは高血圧対策になるのです。自宅で簡単にふくらはぎを鍛える器具も売っています。「ふくらはぎ運動」でGoogleあたりで検索してください。安価な製品がいっぱいでてきます。
 また、無理な筋肉トレーニングは絶対に止めてください。ジムでウエイトリフティングなどはもってのほかです。瞬間的に過 大な力をかけて、脳の血管が破れてしまい、半身不随になり、しかも言語障害まで残った患者さんを身近に見ています。
高血圧にもっとも効果のある運動は水泳です。週に2回でもいいですから、軽く100m~200m泳いでください。


喫煙

 これだけは、是非お止めになるべきです。上腕血圧(つまり、腕ではかる普通の血圧)が正常でも、喫煙者は中心血圧(大動脈起始部の血圧)が高いのです。それは、循環器疾患のリスクになります。タバコを吸っていても、血圧は正常だと、たかをくくっていては、命取りになるのです。さらに、禁煙を実行しても、5年後にやっと、中心血圧は有意に低下するのです。それほど、禁煙は循環器系に悪影響を及ぼします。コレステロールを下げるよりも、禁煙を実行した方がよほどリスクは低くなるのです。


高血圧のときの医師のかかりかた

 医師あるいは看護婦が一度血圧を計っただけで、詳しい問診もせず、「降圧剤をのんだほうがいいですね」といったら、すぐに「どうも、先生ありがとうございました」といって、診察料も払わず出ていきたいものです。特に背中の腰のあたりの聴診と触診を怠る医師がいますが、要注意です。腎血管性の高血圧を見逃すことになります。腎動脈の狭窄や閉塞による高血圧です。全高血圧患者の約1%といわれていますが、本当は5%くらいはいると推測されます。単に、見逃されているだけです。
 あなたが、35歳以下で高血圧で、しかも高血圧の家族歴がなければ、このタイプの高血圧も考慮しておいてください。あなたが、覚えておくのですよ! 3分間診療で終わる医者は、腎血管性高血圧など頭にないのです。あなたが医者に、「腎血管性高血圧の可能性はないでしょうか?」とたずねるのです。20~40代の女性であれば、「線維筋性異形性」による腎血管性高血圧も考慮してください。また、大動脈炎症候群の場合もそうです。


降圧剤について

 この章を読まれている人のなかには、もうすでに降圧剤を服用されている人がおられるはずです。しかし、すべての降圧剤には深刻な副作用があることを決して忘れてはいけません。たとえば日常特によく処方されるアダラート、ヘルベッサーといったカルシウム拮抗剤は、ぼけを誘発します。最近、どうも頭の回転が鈍くなってきたなと感じる人は、服用している降圧剤の種類を医師から聞きただして下さい。

 また、なかには二種類以上の降圧剤を併用されている人もいるかもしれません。そういった人のために組合せの禁忌を書いておきます。超多忙の開業医の中には、併用して出しては危険なことがあることを知っていても、うっかり気づけないこともあるからです。

 ACE阻害剤(インヒベース、レニベース、カプトリルなど)と、スピロノラクトン(アルダクトンA)の組合せ。ACE阻害剤(インヒベース、レニベース、カプトリルなど)と六味丸。βーブロッカー(インデラール、カルデナリン)と、ヘルベッサーなど。またもし喫煙の習慣があるなら、βーブロッカーは服用してはいけません。またインスリンを使用中も、βーブロッカーは禁忌です。気管支喘息、閉塞性動脈硬化症にも、βーブロッカーは禁忌です。フルイトランは、膵炎(酒飲みに多い病気です)、副甲状腺機能亢進症(高カルシウム血症)には禁忌です。

それから特に健康オタクの人で、ビタミンCは生からとるべきだとして、グレープフルーツジュースをのんでいる人は次のことに厳重に注意して下さい。他のジュースはかまいません)。グレープフルーツに含まれている数種類のフラボノイドの特殊な組み合わせは、カルシウム拮抗剤のフェロジピン(スプレンジール、ムノバール)の血中濃度を急激に三倍にし、狭心症や心筋梗塞をおこす可能性があります。
 また、抗ヒスタミン剤のテルフェナジン(トリルダン)の代謝に影響を与え、不整脈を惹起させることがあります。
 たったグラス二杯のグレープフルーツジュースですら、これらの薬の組合せで、死に至ることがあります。つまり、高血圧、喘息、じんましん、アレルギー性鼻炎などで薬を服用している人は、グレープフルーツには手をださないことです。

 それと、注意しておくべきことは、すべての降圧剤にはビタミンやミネラル不足を惹起するという副作用があるということです。したがって長期にわたって降圧剤を服用している人は、ことさらビタミン、ミネラルのサプリメントが必要となるのです。

 ループ降圧利尿剤(ラシックスなど)は、ビタミンB1 、B6 、C、マグネシウム、カルシウム、 カリウム、亜鉛。サイアザイド系降圧利尿剤はCoQ10、マグネシウム、カリウム、亜鉛。βーブロッカーはCoQ10。カリウム保持性降圧剤は葉酸、カルシウム、亜鉛の不足をおこします。
 したがってもしあなたがこういった降圧剤を服用しているのであれば、積極的にサプリメントをとる必要があります。今、ご自分が服用されている薬がどの種類に入るか調べられて、…本屋に行かれれば、家庭医学書コーナーで、薬の名前が簡単にわかるしろうと向けにかかれた本が、必ず数冊並んでいます…、例えば、カリウム保持性降圧剤であれば、葉酸とカルシウムと亜鉛をとるというように対処して下さい。普通、医師はそこまで教えてくれません。二週間に一度来院させ、看護婦に血圧を計らせ、「○○さん、今日は、血圧はいいようですね。この調子で、塩分をひかえて下さいよ。はい、お大事に」といって、相変わらず同じ降圧剤を出し続けるのが関の山です。

ここでもう一度、簡単にまとめておきます。

ループ系降圧利尿剤(ラシックス、ダイアート、ルプラックなど)を服用している人→ ビタミンB1 、B6 、C、マグネシウム、カルシウム、 カリウム、亜鉛が不足してくる。

サイアザイド系降圧利尿剤(フルイトラン、ダイクロトライド、ベハイドなど)を服用している人 → マグネシウム、カリウム、CoQ10、亜鉛が不足してくる。

カリウム保持性降圧剤(アルダクトンA、ソルダクトン、ジウテレンなど)を服用している人→ 葉酸、カルシウム、亜鉛が不足してくる。 βーブロッカー(テノーミン、インデラル、ミケラン、ロブレソールなど)を服用している人 → CoQ10が不足してくる。

(しかし、カルシウムをサプリメントから補うのは止めてください。その理由は、「骨粗鬆症」のところに記載しています)。

 また、特に頻繁に処方され、しかも数年にわたって服用される降圧利尿剤は、腎臓の尿細管に毒性をもっているばかりでなく、副作用として、糖尿病、痛風をきたしやすく、カリウムを過剰に排泄させるため不整脈もおこりがちになります。腎がんも惹起する可能性があり、心不全の治療に短期間使用されるのはいいかもしれませんが、決して長期にわたって服用してはなりません。
 降圧利尿剤を服用している高血圧患者さんは、それらを服用していない患者さんと比べて2倍の率で突然死に襲われるということです。
 もし、糖尿病を合併しているのなら、降圧利尿剤は血中のブドウ糖値を増加させ、わずかなブドウ糖値の変化に敏感になっている糖尿病をさらに悪化させる結果になってしまいますので、厳重に注意して投与されるべきです。
 また、特にサイアザイド系の降圧利尿剤はマグネシウムの欠乏を促すことによって、インスリンの抵抗性を増加させ、血管の収縮を促し、血栓もおこしやすくします。漫然だらりと二週間おきにだされる薬ではないのです。
特に肝硬変のある人は、降圧利尿剤はときとして急激な利尿により肝血流を下げてしまい、肝性昏睡をきたすおそれがありますから、慎重に対処して下さい。

要注意
ご自分の舌の裏を走る舌深静脈を、鏡の前で観察してください。そこに小さな静脈瘤が見られ、かつ高血圧の場合は、脳・心血管障害がおこる可能性が非常に高いのです。危険信号です。早急に精密検査してください。
古代朝鮮半島では、この静脈瘤から瀉血をして、未然に狭心症・心筋梗塞・脳卒中を防いだと言われます。私のクリニックでは、3カ月に一度ほど、韓国のプサンにある韓方伝統医学専門病院に日本の患者さんをお連れして、瀉血を受けてもらっています。なお、韓方医学であり、漢方医学でないことに注意してください。
 次回の「瀉血ツアー」は、日程が決まり次第、トップページの「お知らせ」に告知させていただきます。参加ご希望の方は、お電話(06-6222-7661)にて問い合わせてください。


その他の注意

まずそれが本態性高血圧(つまり、これといって明確な原因がなくて高い血圧)か、あるいは他の疾患から由来して血圧が高くなっている(二次性高血圧)かが、鑑別されなければいけませんそれと医者や看護婦に計られると血圧が高くなる、いわゆる白衣高血圧症も除外しなくてはいけません。
 人によっては30mmHgも40mmHgもちがってくることがあります。特にこわそうなドクターや、美人看護婦に計られる場合そうです。以上のことを考慮し、日を変えて二回以上測定して、それで初めて本態性高血圧と診断できるわけです。他の病気から二次性におこってくる高血圧には十分注意してください。
 特に腎臓系統の病気(糸球体腎炎、糖尿病性腎炎、痛風腎)、それと数は少ないのですが内分泌性の病気(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫)です。こういう高血圧の基礎となる疾患がある場合は、サプリメントをとる前に必ず医師と相談してください。
褐色細胞腫の患者さんを診ましたので、簡単につけ加えておきます。高血圧症の患者さん1000人に1人の割合で存在すると言われています。発作的に急激に血圧があがり、激しい動悸や、不安感に襲われます。20代後半の女性で、自律神経失調症ということで、ろくな治療を受けていませんでした。血圧があがったときは、顔面蒼白となり、額から汗が流れ落ちてきたと言います。しかし、あまりにしばしばそういう症状がおこるので、精査したところ、CTで副腎に腫瘍が見つかり、尿の中のカテコールアミンなどを調べ、褐色細胞腫と確定診断されたそうです。
 腫瘍そのものはがんではなく良性なので(しかし10%ほどは悪性)、外科的に切除すればすみやかに完治します。
自律神経失調症や心身症と診断されても、患者さんのほうからドクターにしつこく迫って、いろいろ精査してくれと頼んだほうがいいかもしれません。特に早朝に頭痛がおきるときは、いちおう、褐色細胞腫の可能性も考慮してください。
また、パニック障害と診療内科や精神科で誤診されている例も、存在するはずです。
 この褐色細胞種はおよそ3000例くらいと言われていますが、原発性アルドステロン症は、非常に多く、推定400万人ほどです。したがって本態性高血圧と誤診されている例がかなりあります。かなり突発性に高血圧となり、160/100 mmHg以上、降圧剤を服用しても130/85mmHg以下には下がらない、血液検査でカリウムの値が低い、というようなことがあれば、一応、原発性アルドステロン症も疑ってください。
 これも、ほとんどが良性で、手術(しかも腹腔鏡下副腎摘出術で、開腹の必要がありません)で簡単に完治します。要は、医者がそれに気づくか気づかないかです。

また、甘草を含む漢方薬を長期にわたって服用していると、偽性アルドステロン症がおこることがあります。つまり、アルドステロンは増えていないのに、原発性アルドステロン症のような症状を示します。漢方薬をのんでいて、原因不明の「脱力感」、「手足のしびれ」、 「こわばり、つっぱり感」、「頭痛」、「むくみ」、そして「高血圧」などが現れたら、偽性アルドステロン症も疑ってください。漢方薬は副作用がないなんて、たわごとです。注意してのまないから、余計にしまつが悪いのです。
 また、最初のほうで述べた「見逃され副甲状腺機能異常」で書いたように、副甲状腺機能亢進による、副甲状腺高血圧因子が作用して、高血圧症状をおこしていることもあります。原発性アルドステロン症よりも数は少ないかもしれませんが、褐色細胞腫による高血圧よりも、はるかに多いでしょう。


健康食オタクのために

秋には柿を大いに食べましょう。100gの柿には70mgものビタミンCが含まれています。またあの渋さのもとになるカキシブタンニン(シブオール)には降圧作用があります。また柿の葉のお茶も効果があります。
グリーンアスパラガスのアスパラギン酸には毛細血管拡張作用があり、血圧を下げてくれます。
たかが焼き芋といって、バカにしてはいけません。みかんと同じほどのビタミンCを含有しているのです。しかも、熱に強く、60%のビタミンCが残っているのです。さらに、中くらいのサイズの焼き芋にはビタミンAが2500IUほど含まれています。 タマネギの薄い茶色の皮を捨てないで、それを煎じて飲むと降圧作用が期待できます。一日の目安は皮5グラムです。(しかし、まさに健康ジャンキーにしかできそうにない、趣味の領域に入るほどのオタク用伝統的健康ドリンクですネ! でも、フラボノイドのケルセチンがふんだんに含まれているのです) 杜仲茶、卵酢、黒酢といった民間の健康食品も決してバカにできません。特に酢はACE阻害剤と同じような機序で、血圧を下げてくれます。この観点からいうと、サーモンのにぎり寿司など理想的な抗高血圧食です。サーモンからオメガ3系不飽和脂肪酸は補給できるし、酢もあるのですから。あるいは海老やイカのにぎりもです。海老やイカにはタウリンが含まれていますから。

本態性高血圧といわれ、150~140mmHg/100~90mmHgで、降圧剤をのむべきか、のまぬべきか迷っている人は、かなり多いはずです。
そういう場合、まず、私がすすめる、「F軽度高血圧対策セット」を3ヶ月摂って、様子をみてください。それで、少しも改善しないときには、日にオメガ・プラス・レボルーション®(1000mg)2カプセルを1カプセル増やし、3カプセルにしてください。たった1カプセル増やしただけでも、ずいぶん効果が強まります。




牧瀬クリニックでは、掲載の症状に対するインターネット診療及びサプリメント処方を有料で実施しております。詳しくは、こちらをご覧ください。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。