日本語 | English

"オーガニック"を超え、"共生"へ

 

100兆のバクテリア

あなたの体の中には100兆を超えるバクテリア(細菌)が棲んでいることをごぞんじでしたか?

----- 知らなかった!!

→ 健康おたくのあなたが知らないとは、たいへんな問題です。100兆は、少なく見積もっての話で、研究者によると、実際のところ、これよりはるかに多いかもしれないのです。

そのバクテリアの総重量は?

------- 100g? → はずれ!
------- 500g? → はずれ!!
------- 1kg?  → 正解!!!

肝臓の重たさは?

------- 300g?→ はずれ!
------- 500g? → はずれ!!
------- 1kg ? → 正解!!

 つまり、私たちは肝臓とほぼ同じ重たさの生命体を常に体の中に棲まわせているのです。 バクテリアの多くは腸にいますが、胃のピロリ菌はもとより、膵臓やリンパ節にも棲みついている細菌がいると推測されます。 ここで、肝心なことは、私たちの臓器は交感神経や副交感神経の支配を受けていますが、100兆の細菌はそういう支配を受けておらず、極端なところ、勝手気ままに反乱をおこすことも可能なのです。 しかし、太古の昔から、ヒトと細菌は平和に生てきました。100年前、ヒトは細菌よりももっと大きいサイズの寄生虫とも生きていたのです。 今でも、多くの開発途上国の人たちは、寄生虫を宿しています(その分、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などが、日本と比べて、圧倒的に少ない)。

 病気とは、この共存共栄の関係が崩れた状態であるとも定義できるかもしれません。

※[著作権に関する表記]当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)を固くお断り致します。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。