ジパングジンジャー・オプティマル(JIPANG Ginger OPTIMAL)

ジパングジンジャー・オプティマル(JIPANG Ginger OPTIMAL)は、月桃葉粉末に含まれるポリフェノールの力を核に、エラグ酸とフェルラ酸の効果を融合させたサプリメントです。月桃葉から得られるポリフェノール、特にケルセチンは、腸内環境の健康をサポートし、エラグ酸が腸内でウロリチンAへと代謝される過程を効果的に促進します。このプロセスは、健康維持と若々しさのキーとなり、ケルセチンがエラグ酸の効果を最大限に引き出すためのサポート役を担います。

エラグ酸とウロリチンA

エラグ酸は、月桃にもすでに含まれているポリフェノールの一種ですが、効果を倍増すために、ザクロエキスパウダーを加えました。ザクロエキスパウダーにはエラグ酸がたくさん含まれているからです。このエラグ酸が腸内でウロリチンAへと代謝されます。

ジパングジンジャー・オプティマル

このウロリチンAは次の作用に際立っています。

ミトコンドリアの健康
ウロリチンAは、ミトファジーを誘導することによってミトコンドリアの機能を強化することが示されています。ミトファジーは、損傷したミトコンドリアを除去し、健康なミトコンドリアの生成を促進するプロセスです。これは、特に老化細胞において、細胞エネルギーと機能を維持するために非常に重要です。

アンチエイジング効果
ミトコンドリアに対するポジティブな効果により、ウロリチンAはアンチエイジング効果があると考えられています。ミトコンドリア機能の改善は、細胞全体の健康を向上させ、長寿と活力の増加に寄与する可能性があります。

筋肉の健康
ウロリチンAは、筋力と持久力を向上させることができます。これは、加齢に伴う筋肉減少(サルコペニア)を経験している高齢者や、身体能力を向上させたい個人にとって特に有益です。

認知機能の健康
新たな研究によれば、ウロリチンAは神経炎症から脳を保護し、脳の健康を促進することで認知機能の健康をサポートする可能性があり、アルツハイマー病のような神経変性疾患のリスクを減少させる可能性があります。

フェルラ酸

さらにフェルラ酸も足しました。フェルラ酸は米ぬかに多く含まれているポリフェノールの一種として有名ですが、月桃には米ぬか以上に含まれています。

抗酸化作用
フェルラ酸は強力な抗酸化物質で、フリーラジカルを中和し、細胞を酸化ストレスや損傷から保護します。これは、がんや心血管疾患などの慢性疾患のリスクを減少させるために非常に重要です。

抗炎症作用
フェルラ酸は抗炎症作用を持ち、体内の炎症を軽減するのに役立ちます。これは、関節炎や他の炎症性疾患の管理に有益です。

皮膚の健康
フェルラ酸はスキンケア製品で広く使用されており、紫外線から肌を保護し、老化の兆候を減少させる能力があります。肌の弾力性を向上させ、しわを減少させ、色素沈着を防ぐのに役立ちます。

神経保護作用
フェルラ酸は脳と神経系を保護する可能性を示しています。酸化ストレスや脳内の炎症を減少させることで、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患を予防するのに役立つかもしれません。

フェルラ酸

心血管の健康
フェルラ酸はコレステロール値を低下させ、血管機能を改善し、血栓の形成を防ぐことで心血管の健康に寄与します。これにより、心臓発作や脳卒中のリスクを低減することができます。

抗糖尿病作用
フェルラ酸はインスリン感受性を改善し、血糖値を低下させることで糖尿病の管理に役立ちます。また、酸化ストレスと炎症を防ぐことで糖尿病の合併症から保護するかもしれません。

抗癌作用
フェルラ酸は抗がん特性を持ち、特定のがん細胞の成長を抑制し、腫瘍の発生を防ぐのに役立ちます。この効果には、フェルラ酸の抗酸化作用と抗炎症作用が重要な役割を果たしています。

免疫システムのサポート
フェルラ酸は免疫細胞の生成を刺激し、感染症や病気に対する身体の防御機構を改善することで、免疫システムを強化することができます。

もともと、月桃にはフェルラ酸がかなり含まれていますが、以上の効果を倍増させるために、フェルラ酸も追加したのです。

Visits: 31