一般的な治療

手のひらや、足の裏に、無菌性の膿疱ができる疾病です。アメリカの皮膚科では、前ページの乾癬の一種に分類しています。
普通の皮膚科ではデルモベート、ジフラール、ダイアコートなど、最強のステロイドがだされます。また、ビタミンA誘導体の内服が処方されることもあります。 さらに、扁桃腺摘除、虫垂摘除など行うことがあります。しかし、なかなか治療はうまくいかないのが現状です。

手足の皮膚は厚いので、きついステロイド軟膏を塗っても、ステロイドによる副作用は心配しなくてけっこうです。 しかし、最強のステロイド軟膏使っても改善されないことが多いのです。またビタミンA誘導体の内服は長期にわたると、重篤な副作用をおこすことがあります。

また、掌蹠膿疱症は「無菌性」ということで、抗生物質は意味がないようにみえるのですが、サワシリンなどの抗生物質も、特に初期に服用した方が、治りは良いです。ペニシリン系が効きます(ただし、ペニシリン系抗生物質にアレルギーがある人は、当然、摂ってはいけません)。

牧瀬クリニックの軟膏とサプリメント

軟膏はPS(1)という当方の軟膏を使うと、半年ほどで7割ほど改善がみられ、1年続けると、ほとんど日常生活に支障がない程度まで改善されます。心配は無用です。PS(1)という軟膏の成分は、「牧瀬クリニックの軟膏の成分、塗り方」のページを参考にしてください。

ビオチンの大量療法でかなり改善する患者さんはおられますが、それだけでは力不足のところがあり、もひとつ完治には至らないこともあります。
ビオチンは5mg~15mgを半年以上は続けるべきです。マンガンを補うためのコップ1杯のパイナップル・ジュースを飲み、ビフィズス菌の多いヨーグルトをひかえ、卵白をとらず、 向精神薬、睡眠誘導剤もできるだけ避け、そして必ず禁煙です。 そうでなければ、ビオチンは有効に働きません。禁煙はことの他、大切です。掌蹠膿疱症にかかる患者さんには、喫煙する人が多いのです。

経験的に貧血改善のため、鉄剤を服用すると掌蹠膿疱症が悪化する場合があります。余分な鉄が災いしているのです。 どういうメカニズムで鉄が掌蹠膿疱症と関係しているか不明です。
したがって、鉄を多く含む食物、プルーン、ヒジキ、ホウレンソウなどは避けてください。 ビタミンCのサプリメントも鉄の吸収をよくしますから、ことさら摂らないほうがいいでしょう(果物や野菜からは問題ありません)。

長期にわたり、睡眠薬を服用している人は、注意してください。その副作用として、掌蹠膿疱症が現れることがたまにあります。

掌蹠膿疱症かもしれないと診断された人は、 ほんとうは掌蹠膿疱症ではなく、単なる主婦湿疹や、真菌症(いわゆる水虫)であったりすることもありますから、必ずご相談ください。 相談フォーム>>

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ5万人以上の皮膚科領域の患者さんを、内科医の立場から診察した、つまり、多くの皮膚病は体の内部の問題が皮膚に現れたとみなして治療する根治方法です。
 しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら

  著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。

Visits: 1571