1)MA軟膏 :MA(1)、MA(2)、MA(3)、MA(4)、MA(0)

脱ステロイドの過程を効率よく、かつ安全にするため、普通の白色ワセリンから不純物が取り除かれた、化粧品グレイドのワセリンを軟膏基剤として使用しています。

MA軟膏は、MA(0)からMA(4)までの複数のバリエーションがあります。MA(0)はステロイドを含まず、MA(1)からMA(4)にはステロイドが含まれています。ステロイドの含有量は、番号が大きくなるほど減少しています。

MA(1)ステロイド軟膏基材100%、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー
MA(2)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/2
MA(3)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/3
MA(4)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/4
MA(0)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、(ステロイドはまったく入っていません)

2)KO軟膏 :KO(2)、KO(4)、KO(0)

KO軟膏は親水性で塗りやすいですが保湿力は弱めです。乳幼児や乾燥肌ではない方、ワセリンに敏感な方に使用されます。ステロイドの含有量はKO(2)>KO(4)で、KO(0)はステロイドを含みません。大人の顔用やニキビとアトピーが併発した場合にも使用されます。さらっとしたテクスチャーで夏場や脂漏性皮膚炎のかゆみが強い場合にも適しています。柚子(ユズ)オイルの香りがします

KO(2)ステロイドが重量比で1/2、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル
KO(4)ステロイドが重量比で1/4、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル。
KO(0)ステロイドは入っておりません、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル。

3) PS軟膏 :PS(1)、PS(3)、PS(0)

PS軟膏は乾癬や掌蹠膿疱症、硬化したアトピーの湿疹に使用されます。ステロイドの量はPS(1)>PS(3)で、PS(0)にはステロイドは含まれません。PS軟膏には液状ラノリンが配合されており、皮脂に近い成分であり、高い浸透性と保湿力を持っています。
PS(1)ステロイド軟膏基材100%、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン
PS(3)ワセリン(化粧品グレイド)、ステロイド軟膏が重量比で1/3、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン
PS(0) ワセリン(化粧品グレイド)、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン

4)MAS軟膏 :MAS(1)、MAS(0)

MAS(1)は結節性痒疹や抵抗性の乾癬、重症アトピーの特殊な湿疹に使用されます。成分には2種類のステロイド軟膏、5種類のミネラルパウダー、および植物オイルが含まれています。MAS(0)は結節性痒疹の改善後のケアなどに使用され、ステロイドは含まれていません。

5)再発予防軟膏

再発予防軟膏は、症状が軽減され、MA(0)だけでも充分に管理できる段階に改善されたが、急にその軟膏をやめることには再発のリスクが残っている場合に使用されます。この軟膏は親水性の基材に植物オイル、ビタミンB群、α-リポ酸、グリセリンを混合したもので、べとつき感がなく、継続しやすく、女性は化粧下地としても使用できます。

6)FR軟膏 :FR(10)、FR(0)

比較的に軽度の顔の赤みや痒みに使用します。FR軟膏は再発予防軟膏に、皮膚の新陳代謝を高めるビタミンA、皮膚の血行をよくするビタミンEを加えた軟膏です。皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを保ちます。

FR(10)はステロイド軟膏が重量比で1/10入っています。FR(0)はステロイド軟膏はまったく入っていません。FR(10)を数日使用し、赤み・痒みが消えると、FR(0)に切り替えてください。
効果を上げるため、通常はビオ・オーガニック・ウォーター、リカバリー・ビオ・ウォーターを塗ってから、使用していただきます。

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ5万人以上の皮膚科領域の患者さんを、内科医の立場から診察した、つまり、多くの皮膚病は体の内部の問題が皮膚に現れたとみなして治療する根治方法です。
 しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら

  著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。

Visits: 2056