軟膏の種類と成分

ぼくのクリニックでは脱ステロイドの過程を効率よく、かつ安全にするため、普通の白色ワセリンから不純物をほぼ完全に取り除いた、イタリア製の化粧品グレイドのワセリンを軟膏基剤として使用しています。

1)MA軟膏 :MA(1)、MA(2)、MA(3)、MA(4)、MA(0)

化粧品グレイドのワセリンに数種類の植物オイルなどを混ぜ、MA軟膏としました(ちなみにMAとは、Makise のMAです。
主にアトピー症状の方に使用します。
MA(0)には、(0)が示すように、ステロイドはまったく入っていません。これが基本の軟膏です。ステロイドのランクダウンということで、例えば、デルモベートに白色ワセリンを混ぜて、徐々にステロイドの強さを薄めていくことがあります。その際、普通の白色ワセリンの代わりに、このMA(0)を使われると、はるかにスムーズに行きます。
また、ステロイドの入っていないMA(0)だけでなく、患者さんご自身にわざわざステロイド軟膏を薄めていく作業の手間をとらせないMA(2)、MA(3)、MA(4) という軟膏もあります。MA(1)は軟膏基材が100%ステロイドです。
MA(1)ステロイド軟膏基材100%、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー
MA(2)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/2
MA(3)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/3
MA(4)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、ステロイド軟膏が重量比で1/4
MA(0)ワセリン(化粧品グレイド)、ビタミンB1、B2、B12、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、(ステロイドはまったく入っていません)
ステロイドの入っている量は、MA(1)>MA(2)>MA(3)>MA(4)で、番号が増えるほど、ステロイドは少なく入っています。患者さんの中には、番号が大きいほど、ステロイドがたくさん入っていると誤解される人がいますので、念のために書いておきます。MA(0)にはステロイドはまったく入っておりません。ステロイドの量が、1/1、1/2、1/3、1/4と逆数ととらえると、わかりやすいでしょう。

MA(1)~MA(4)に入っているステロイドは、それぞれ違います。その理由は、一種類のステロイドに対して、皮膚に慣れを生じさせないためです。

2)KO軟膏 :KO(2)、KO(4)、KO(0)

軟膏基材は親水軟膏を使用し、ワセリン基材よりベタベタせず、塗りやすい軟膏です。しかし保湿力はワセリン基材より弱めです。
主に乳幼児や乾燥肌でない方、またワセリンに非常に敏感な方に使用します。
KO(2)ステロイドが重量比で1/2、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル
KO(4)ステロイドが重量比で1/4、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル。
KO(0)ステロイドは入っておりません、親水軟膏、グリセリン、数種類の植物オイル。

ステロイドの入っている量は、KO(2) > KO(4)で、KO(0)はステロイドなしです。MA系軟膏が強すぎる場合があり、大人の顔用にも使うこともあります。また、ニキビとアトピーが併発しているような状態にも使います。さらっとしていますから、夏場、汗で悪化するようなタイプの人にも適しています。脂漏性皮膚炎で痒みが強い場合にも、使ってもらうことがあります。柚子(ユズ)オイルが配合されていますので良い香りがします。

3) PS軟膏 :PS(1)、PS(3)、PS(0)

PS系の軟膏は、主に乾癬、掌蹠膿疱症、苔癬化して非常に硬くなった皮膚、あるいはMA系の軟膏に抵抗を示すアトピーの湿疹にも使います。

PS(1)ステロイド軟膏基材100%、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン
PS(3)ワセリン(化粧品グレイド)、ステロイド軟膏が重量比で1/3、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン
PS(0) ワセリン(化粧品グレイド)、数種類の植物オイル、5種類のミネラルパウダー、液状ラノリン

ステロイドの量は、PS(1)>PS(3)で、PS(0)はステロイドなしです。
PS系の軟膏には液状ラノリンを配合しています。ラノリンは羊の油です。「痒い」という字をよく見てください。「羊」に「疒」(ヤマイだれ)です。羊の病気とは、痒くなることなのでしょうか?昔の人の直感や観察眼は尋常ならざるものがあります。この羊の油であるラノリンは、人間の皮脂に近い成分で、皮膚への浸透性が高く、保湿力も非常に優れています。

4)MAS軟膏 :MAS(1)、MAS(0)

MAS(1) は、主に結節性痒疹と、PS系の軟膏に抵抗を示す乾癬、重症アトピーの一部の特殊な湿疹に使います。 
成分は、2種類のステロイド軟膏に5種類のミネラルパウダー、数種類の植物オイルなどを混ぜたものです。MA系の軟膏に使われているミネラルパウダーより、かなり強めのミネラルパウダーを使用しています。
MAS(0)は結節性痒疹が改善されたあとのケアなどに使います。ステロイドは入っていません。

5)再発予防軟膏

この軟膏は、症状が非常に軽減して、MA(0)だけでも十分にコントロールできる段階にまで改善されたものの、急にそういった軟膏を止めるには、まだ再発の危険性が残っているような時に使用します。
親水軟膏を基材にし、数種類の植物オイル、ビタミンB群、α-リポ酸、グリセリンを混ぜたものです。べとつき感がなく、続けやすく、女性の方は化粧下地にも使用できます。

6)WAS軟膏 :WAS(10)、WAS(0)

この軟膏は、MA(4)からMA(0)へのランクダウンがなかなかうまく行かない、あるいは、軽度の湿疹が体全体に広がっている場合に使うことがあります。いくらひどくてもステロイド軟膏は絶対に使いたくないという患者さんには、WAS(0)を使ってもらうことがあります。
WAS(10)とWAS(0)は100g容器入りです。
WAS(10)MA(0)基材、アズノール、サリチル酸ワセリン、ステロイド軟膏が重量比で1/10
WAS(0)MA(0)基材、アズノール、サリチル酸ワセリン

7)AZ軟膏

主に指先のしつこい湿疹や、耳切れに、滲出液(浸出液)がでる時などに使用します。
抗生物質入りの軟膏や、ステロイド軟膏を塗った上に重ね塗りすると非常に効果を発揮します。
「滲出液(しんしゅつえき)について」のページも参考にしてください。
 
アズノール軟膏と亜鉛華軟膏、それに数種類の植物オイルを混ぜたものです。AZ軟膏のAは”Azunol”のA、ZはZinc(亜鉛)のZです。亜鉛華軟膏はサトウザルベなどの商品名で、ご存じの方もおられるはずです。どちらも、皮膚科領域でよく使われます。
しかし亜鉛華軟膏は、皮膚をかえって乾燥させてしまい、結果的に良くないケースもありますので、アズノールや植物オイルを配合、亜鉛華軟膏の利点をいかしながら、皮膚の乾燥も防ぐようにしました。

8)FR軟膏 :FR(10)、FR(0)

主に顔の赤み、痒みに使用します。
FR軟膏は再発予防軟膏に皮膚の新陳代謝を高めるビタミンA、皮膚の血行をよくするビタミンEを加え、皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを保ちます。
ステロイド軟膏が重量比で1/10のFR(10)を数日使用し、ステロイドが入っていないFR(0)に移行します。
 
*軟膏を希望される方へ*
症状に適切な軟膏をご使用いただくために、皮膚疾患の相談フォームをご利用いただき、患部の写真を数枚お送りください。
写真の添付がうまくいかない方は、スマートフォンからメール ( dr@drmakise.com )でお送りいただいても結構です。
 
MA(0)、KO(0)50g各2,600円
MA(1)、PS(1)、MAS(1)50g各4,200円
MA(2)~MA(4)、KO(2)、KO(4)50g各3,150円
PS(3)、PS(0)、MAS(0)50g各3,150円
WAS(10)、WAS(0)100g各5,400円
再発予防軟膏、AZ軟膏、FR(10)、FR(0)50g各3,150円

軟膏の塗り方

  1. 軟膏を塗る前に、まず皮膚に十分な水分を含ませてください。普通の水でもかまいませんが、出来れば保湿力をプラスしたローション(牧瀬クリニックではビオオーガニックウォーターリカバリービオウォーターを使用していただきます。)を肌につけて、手のひら全体で患部を包み込むように肌になじませてください。
  2. 軟膏を指先にとり、患部に点で置いていきます。
  3. 軟膏を軽くたたき込むように優しく広げてください。刷り込むようにして塗るのではなく、乗せるような感じで塗ってください。
 
注)風呂上がり、シャワー後は、乾燥しやすく痒くなりやすいので、3分以内、まだ水滴で肌が塗れている状態で、軟膏を塗ってください。赤み、痒みの激しい時は、出来る限り泡のたつような石けん類は使用されない方が無難です。
牧瀬クリニックでは軟膏を洗いおとすには、刺激がなく、保湿力のある泡なしオイル石けんを利用していただきます。

強いステロイド軟膏から徐々に軽いステロイドへ

アトピーは正確にはアトピー性皮膚炎です。つまり、炎が燃えている火事なのです。燃え盛っている火事に、ひしゃくに水を取り、そのくらいの水をかけたとしても何の役にも立ちません。バケツでもとても無理です。そこは、ホースで大量の水をいっきにかけて、炎を小さくしなければいけません。そして炎の勢いがかなりおさまった時点で、バケツで水をやり、最後はひしゃくくらいの水で消せばいいのです。

アトピーもこれと同じことで、炎症の激しいとき、つまりかゆみ、赤みが強いときは、まず強いステロイド軟膏を使い、いっきに炎症を抑え、それから徐々に軽いステロイド軟膏へと切り替える短期決戦でいくのです。
ステロイド軟膏の副作用(これは先に述べましたように、短期間では事実上ほとんどありえないのですが)を恐れるあまり、びくびくと弱いステロイド軟膏から始めても、少しも効果はありません。痒みのためひっかいていると、健全な皮膚はいつまでたっても再生されません。新しい皮膚を再生し、定着させるには、かきむしる期間をできるだけ短くする必要があるのです。そして、十分な睡眠をとり、健康な新しい皮膚の再生を促すのです。そして、その間に、アトピーの原因を解決すれば、それが根治治療につながります。

牧瀬クリニックの軟膏は、アトピーの場合、まずMA(2)あたりから使っていただくことが多いです。
しかし、特に膝の裏など、肥厚してしまった箇所にはMA(1)を塗って、油紙で密封することをすすめる場合があります。
結節性痒疹の場合はMAS(1)から、乾癬の場合はPS(1)から始めてもらうことがほとんどです。
どの軟膏から始めてよいかわからない場合は、皮膚疾患相談から写真を送ってください。

軟膏を塗る期間

  • 軟膏を5日間、朝、晩、塗ってきれいになったとしても、さらに5日間塗る。
  • 2週間朝、晩、塗って、きれいになれば、さらに2週間塗る。

つまり、きれいになるに要した日数だけ、さらに塗るということです。
なぜなら、表面はきれいになっていても、皮膚の深いところでは炎症が残っています。表面がきれいになったからといって軟膏を塗るのを止めると、すぐに痒くなり、また軟膏を塗ることになります。すると結果的には、ステロイド軟膏を多く使うことになってしまうのです。

ただし、皮膚の薄い顔は、赤み、痒みが治れば、すぐにステロイド軟膏の塗布を止めてください。その代わりに、保湿ローション(牧瀬クリニックではリカバリー・ビオ・ウォーターを使用していただきます。)などを塗ってください。

塗っても痒くて眠られないのであれば、それはその軟膏の強さ、塗る量や回数が不十分、そして軟膏の塗り方にも問題があるということも考えられます。そのような場合は、ためらわず抗ヒスタミン剤などを就寝前に服用してください。

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ5万人以上の皮膚科領域の患者さんを、内科医の立場から診察した、つまり、多くの皮膚病は体の内部の問題が皮膚に現れたとみなして治療する根治方法です。
 しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら

  著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。